肌の違いに叫びたくなります。

 色白でまったく肌トラブルのない娘は、ファンデーションを塗りません。マツエクをしているためアイメークも無し。眉毛と口紅のみの化粧です。でも、色白ってずるいですよね。口紅の色味だけで顔が華やかになるんです。口紅も薄い色味から濃いものまでオールマイティーに似合います。私はというと色黒の為オレンジ系の濃いめの口紅しか似合いません。娘は朝起きた段階で、私がする化粧の80%は出来上がっているのです。基礎化粧品もそうです。化粧水等塗りなさいと言っているのに、必要ないと言って塗りません。でも、赤ちゃんのようにぷるぷる肌なのです。もっとひどいのは、眉毛と口紅だけの化粧の為クレンジングを使わないどころか、洗顔をボディーソープで体を洗うついでに洗っているそうです。肌のお手入れに時間とお金をかけ入念にケアしているにもかかわらず、肌トラブルでいっぱいの私にとっては、不公平だと叫びたくなるほどです。
 母娘でこの違いを生みだした人をこの前見つけました。主人のお母さん。私にとっていわゆる義理の母です。娘と同じ赤ちゃんのぷるぷる肌を72歳にして持っているのです。70代ってしわがあるんじゃないの?私よりシワがない顔ってどうしてなの?とこれまた叫びたくなります。また、一緒にコンビニに行った時、コンビニの安価な基礎化粧品を購入していました。え?と思わず声を出すと、『私、どんな安い化粧品でも大丈夫なの』と。努力もしないでお金も出さないで色白でその赤ちゃんのようなぷるぷる肌?私の努力ってなんなの?と大声で叫びたくなります。でも残念ながら色黒でトラブル続きの私の肌はお金と時間をかけないともっと悲惨になってしまうことは実証済みです。こんな肌を持って生まれてしまった自分の運命だと思い、これからも肌ケアを怠らないでシワを少しでも作らないよう努力していこうと思います。また親として手入れの楽な肌で色白に生まれてくれた娘を素直に喜びたいと思います。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です